情報技術を使った学習

女子学生

その仕組みは

eラーニングシステムとは、情報技術を使って学習を行ったり、学習をサポートするものです。eはエレクトロニックの頭文字ですが、要点としては電子機器や情報機器を使用して学習を行うことを指します。eラーニングシステムで使われる機器はパソコンやスマートフォンやタブレット、デジタル・ビデオなどの情報機器のほか、情報を受信するためメディアとしてCD-ROMやDVD-ROM、高速大容量のインターネット回線などが使われます。さらに教育を効率よく行うために多彩な画面を表示させるためにインターネットで使われるハイパーテキストが使われたり、情報のやり取りに電子メールやスカイプなどのインターネット電話システム、また電子掲示板や電子会議、ビデオ配信などの技術が使われます。eラーニングシステムのメリットとしては、これまでの学習とは異なり空間的な制約を受けにくいということです。従来の学習といえば学校などに出向き教室で学習するものですが、eラーニングシステムでは自宅で行うことができますし、また学校といった特定の場所でなくても行うことができます。特に授業を行う講師も複数の離れた場所にいる人に行うことも可能です。また空間を用意する必要がなく教育を受ける人たちもそれぞれの進捗状況に応じて授業を受けるといったことができ、また一度に多くの人に対して教育を行うことができるためこれまで必要であった教育にかける費用を抑えることができます。