社員教育の種類

女子学生

電子化による教育の特徴

企業にとって社員への継続的な教育は重要な事項であり、会社の発展にもつながりますので、様々な方法で実施されています。ここではその中の取り組みとして、かなりの企業で利用されているeラーニングシステムという、電子化された教育の仕組みについて、まとめていきます。eラーニングシステムとは教育の教材やテストなどを、電子化されているものを指し、場所や時間を指定せずに受講できる仕組みのことを指します。パソコンの普及と共に、マルチメディア性能を活かして教材などが作られてきましたが、昨今ではインターネットを活用したものも増えてきています。さらにeラーニングシステムは、その管理システムと組み合わせることにより、受講者の進捗を管理することが可能になっています。また受講者同士のディスカッションも可能ですし、教材自体も簡単に作成できるようになってきたので、ベテランの従業員が技術継承のため作成することも可能です。eラーニングシステムは、教材を紙で印刷する必要がなく、集合研修のように場所の確保も不要なため、コストを下げること可能なのです。また集合研修の場合、講師の質や受講者の状況により、目的とした研修効果が出ないことがありますが、eラーニングシステムはその可能性が低いということもあります。このようにeラーニングシステムは、人材育成や技術継承の要として、その特徴が認知されていくことにつれて、多くの企業で採用されているのです。